事務局長談話

 
2011年03月09日
米国務省のケビン・メア日本部長の不適切発言についての談話
日本労働組合総連合会
事務局長 南雲 弘行

  1.  報道によると、2010年12月米国務省内で行われた米国人大学生への講演の中で、米国務省のケビン・メア日本部長(前駐沖縄総領事)が、「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをしながら、できるだけ多くの金を得ようとする」と揶揄し、沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」などと発言したとされる。これが事実であれば、極めて遺憾であり、断じて許すことはできない。

  2.  これに対し菅首相は8日、「発言があったとすれば大変遺憾だ」と記者団に懸念を表明した。また、枝野官房長官は8日午後、ルース駐日大使と電話で会談し、「発言が事実なら極めて不適切。日本人の心情を著しく傷つける。容認しがたい」と伝えている。ルース氏は、「沖縄県民の心情を深く傷つける事態になったことは極めて遺憾だ」とも述べている。

  3.  今回のメア氏の発言は、基地問題に苦しむ沖縄県民の心情と尊厳を踏みにじるものであるばかりか、私たち連合に集う仲間のすべてのみならず、日本国民としての屈辱である。
     連合は、メア氏に直ちに発言を撤回し、謝罪するよう求める。日本政府に対しては、米国政府に毅然とした対応を求めるとともに、沖縄普天間基地を始めとする米軍基地整理縮小問題と日米地位協定の抜本改定について、既に連合が要請した内容に沿って早期実現をはかるよう強く求める。

  4.  連合は、「平和行動in沖縄」を中心に米軍基地の整理縮小、日米地位協定の抜本改定の実現に向け、各構成組織・地方連合会と連携をこれまで以上に強化し、平和で安心してくらし働ける社会の実現に向け、全力で取り組んでいく。


以上