事務局長談話

 
2010年11月24日
北朝鮮の韓国・延坪島への砲撃に対する談話
日本労働組合総連合会
事務局長 南雲 弘行

  1.  韓国国防省によると、23日午後、北朝鮮が黄海上の韓国領廷坪島(ヨンヒ°ョンド)と周辺海域に砲撃し、韓国軍がこれに応戦したことが判明した。島では、韓国兵や民間人に死傷者が出ている。韓国軍は、最高レベルの警戒態勢に入っており、両国の緊張関係は一挙に高まっている。今回の北朝鮮の砲撃は、民間人も多く住む島への軍事攻撃であり、人道的にも許し難く、先に北朝鮮が公開した核兵器製造のためのウラン濃縮活動とあわせ、世界平和に対する暴挙として断じて許すことは出来ない。

  2.  休戦状態にある両国は、最近においても2009年11月の南北艦艇間の銃撃戦、2010年3月の韓国哨戒艦沈没事件など一触即発の関係にあり、東アジアの平和に対する脅威となっている。
     菅直人首相は24日、韓国の李明博大統領と電話で会談を行ない、北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃に対し、日米韓3カ国で緊密に連携していくことを確認した。
     政府は、「北朝鮮による砲撃事件対策本部」(本部長・菅首相)を設置し、北朝鮮に対する追加経済制裁の検討を指示している。

  3.  連合は、事態の悪化を招かないよう、両国および関係諸国に冷静な対応を求める。日本政府に対しては、不測の事態に備え万全の態勢を整備するとともに、軍縮、核兵器の全面廃絶と国際緊張緩和や世界平和の実現に向け、世界各国との連携を一層強化しつつ東アジア全体の安定に向け全力を尽くすよう求めていく。


以上