事務局長談話

 
2010年09月14日
民主党代表選における菅代表再選にあたっての談話
日本労働組合総連合会
事務局長 南雲 弘行

  1.  本日、民主党臨時党大会で代表選が行われ、菅総理が党代表に再選された。選挙戦では、菅総理と小沢前幹事長による白熱した議論が展開されたが、代表選挙後はともに力をあわせて党運営にあたり、民主党が挙党態勢で国内外の難局に立ち向かい、引き続き「国民の生活が第一。」の原点に立脚した政権運営を行うことを、連合は強く期待する。

  2.  今回の代表選は、厳しい景気・雇用情勢に加え、社会保障や税制のあり方、外交・安全保障などの様々な課題が山積する中で行われ、実質的には首相を選出するものでもあった。連合は選挙戦にあたって、両候補者が内部抗争的な議論やネガティブキャンペーンに陥ることなく、わが国のリーダーとして、将来にわたってどのような社会をつくっていくのか、理念と政策を国民にわかりやすく主張しあうよう求めてきた。

  3.  両候補は選挙期間中、意見の相違はあったものの、いずれも日本社会の立て直しと安心なくらしを追求するという理念に貫かれた堂々たる論陣を張り、真摯かつ建設的な論争を展開してきた。菅総理の消費税についての考え方や小沢前幹事長の「政治とカネ」についての説明など、いっそうの議論が望まれる部分もあったが、これからのわが国の姿と歩むべき道を熟慮する契機になったという面でも、意義深い選挙戦であった。

  4.  国民の負託を受けた政権政党たる民主党には、引き続きマニフェストを基本とした政策の実現が求められており、まさに、これからが正念場である。菅政権は当面、「ねじれ国会」で難しい舵取りを迫られるが、連合は、民主党が一致結束し、めざすべき社会の理念と国家ビジョンを明確に示し、徹底した議論と合意形成に基づく政権運営により、国民の期待と信頼に応えていくことを強く求める。また、連合としても「希望と安心の社会づくり」に向け、連合重点政策の実現をめざし、与野党各党と協議を行いながら、今後も民主党政権への支援と連携を強化していく。


以上