りきおのオピニオンスタジアム

 
2013年12月24日
第2回「好循環実現はボトムアップが鍵を握る」

 先週20日の金曜日に、「経済の好循環実現に向けた政労使会議」(いわゆる「政労使会議」)がとりまとめの文書を策定し、一応の完結をみました。

 当初、安倍首相の経済界に対する賃上げ要請の報道ばかりが目立ったこの政労使会議も、 回を重ねるごとに、大手企業だけの問題ではなく、中小企業や非正規労働者に関わる底上げこそが大事だという論点がクローズアップされてきました。

 最後のとりまとめ文章にもその点がかなり反映されることとなりました。
(是非原文をご参照ください・・・http://www.kantei.go.jp/jp/singi/seirousi/pdf/torikumi.pdf

 私たち連合としても、古賀会長を筆頭に、「トリクルダウンではなくボトムアップだ」と再三主張してきた甲斐があったと思います。(関係した全ての方々のご努力に敬意を表します)

 しかし、本番はここからです。
 かつての高度成長期の春闘とは異なり、一つひとつの現場における、一人ひとりの粘り強い努力が実を結ばなければ、経済全体の推進力にはなり得ません。

 私たちは、経済の好循環実現に向けた努力をそれぞれの持ち場立場で展開していかなければなりません。ワークルール改悪阻止に向けた努力もその一環と言えます。

 一人ひとりが活き活きとして働ける環境を整備することこそがボトムアップの大前提に他なりません。

(神津)

りきおのオピニオンスタジアム
2015年 一覧
2014年 一覧
2013年 一覧