ホームの中のくらし・政策の中の社会保障の中の医療の中のここが変だよ、日本の医療の中のお医者さんにかかったら領収書をもらおうの中の領収書は保管しておきましょう

領収書は保管しておきましょう


このコーナーの目次


合計10万円以上は確定申告で医療費控除が受けられます

 1年間の本人と家族の医療費が10万円を超えた分については、所得税の控除が受けられることをご存知でしたか?確定申告・還付申告で医療費控除の手続きをし、納めた税金を返してもらいましょう。
 医療費控除の対象となるのは、お医者さんにかかった時の診療費はもちろんのこと、治療のための鍼灸・マッサージの費用、通院・入院のための交通費、町の薬局で買った薬の代金も含まれます。医療費控除の対象となるものと、ならないもの(主な例)は、下の表をみて下さい。
 それらすべての領収書は必ず保存しておきましょう。

医療控除の対象のになるものとならないものの主な例
  医療費控除の対象となるもの 条件つきで対象となるもの 医療費控除の対象とならないもの
医療機関等(医科)での支出
  • 窓口で支払った診療費
  • 妊娠中の定期検診費用、出産費用
  • 優生保護法に基づく理由で妊娠中絶した場合の手術費
  • 不妊症治療費
  • 健康診断、人間ドックの費用(異常が見つかり、引き続き治療費を受ける必要がある場合)
  • B型肝炎ワクチンの接種費用(B型肝炎の患者の同居親族が受けた場合で、医師の診断書等がある場合)
  • 差額ベッド、特別室の費用(病状等によりやむを得ない場合のみ)
  • 美容整形の費用
  • 予防注射の費用
  • 眼鏡、コンタクトレンズ購入のための眼科受診料
歯科での支出
  • 虫歯の治療費(保険外の診療を含む)
  • 子どもの歯列矯正
  • 大人の歯列矯正(治療のために行う場合)
  • 美容のための歯列矯正
  • 歯石除去の費用
交通費
  • 通院、入院のための交通費
  • タクシー代(電車、バスでの移動が困難な場合)
  • 通院のための自家用車のガソリン代
  • 出産のため実家に帰る場合の交通費
薬局での支出
  • 医師の処方箋に基づいて購入した医薬品
  • 個人で購入した医師の処方のない医薬品(極端に高いものを除く)
  • 漢方薬、ビタミン剤(治療や療養に必要な範囲で)
  • 食餌療法のための食品
  • 健康食品、嗜好品
  • 歯ブラシ、洗面具など日用品(入院用でもダメ)
器具・材料  
  • 寝たきり老人の紙おむつ代(医師の使用証明が必要)
  • 装具(医師の使用証明が必要)
  • 松葉杖、車いす(通院のために必要な場合で、診療等を受けるために直接必要なもののみ)
  • 通常の眼鏡、コンタクトレンズ
  • 高齢者の使う補聴器
  • 日常生活で使う杖
その他
  • リハビリテーション費用
  • 治療のための鍼灸、カイロプラクティック、マッサージ、柔道整復等の施術料
  • クアハウス(温泉利用型健康増進施設)の利用料(医師の証明書が必要)
  • カルチャーセンターの健康教室等の受講料
  • スポーツクラブの利用料

医療費控除に必要なもの

 医療費控除を申告するためには、治療等の内容を示す証拠となる「領収書」が必要です。領収書がない交通費は日時や経路、運賃をメモしておき、「医療費支払明細書」を作成します。この「支払明細書」は国税庁のホームページからもダウンロード出来ますが、特に決まった形式はありません。

(例)医療費支払明細書

実際の手続きについて

 所定の申告手続きに必要な書類は次の4点です。

  1. 確定申告書
  2. 医療機関、薬局等の領収書
  3. 医療費支払明細書
  4. 源泉徴収票

 以上の書類をセットにして、税務署に提出します。
 確定申告期間(2月16日から3月15日)は税務署が混雑することもありますが、医療費控除等の還付申告は1月1日から可能です。また、過去5年間なら遡って申告ができます。
 (ただし、申告書の作成は年ごとでなければなりません。)

関連リンク


このページの先頭へ